2009年05月29日

関西のエントリー企業

45の企業チームで既に募集終了となった企業対抗トーナメントの関西予選の出場チーム一覧です。 過去参加回数順に並べてみました。

過去出場数 企業名 チーム名 意気込み
6 株式会社三菱東京UFJ銀行 MTUB関西チーム 今年こそは浜岡で悔いのない戦いを!
6 シスメックス株式会社 チームおじん 浜岡で昨年以上の成績を
5 日本イーライリリー チームりり子 目指せ!浜岡
4 毎日放送 ぷいぷいチーム 決勝大会上位入賞
4 毎日放送 せやねんチーム 決勝大会出場
4 岩谷産業株式会社 未定 今年こそ予選突破!!
4 株式会社 瑞光 Team I.M.E.T.1号 今年こそ予選通過
3 株式会社 クラブコスメチックス 蔵米(くらこめ) 楽しくゴルフ!
3 野村建設工業株式会社 プレイング4 4年連続予選突破
3 富士通周辺機株式会社 富士通周辺機? 全国制覇
3 近畿労働金庫 ビッグウェーブ 予選で完全燃焼!
3 パナソニック電工 ?ケンサク? 今年はリザーブ脱却じゃ
3 ダテ・メディカルサービス チームDMS 念願の予選通過!
3 大阪府 ゴルフバカボンズ 昨年の雪辱を果たすぞ
3 株式会社都商事ホールディングス Taiyoはいつだって安心宣言 今年こそは予選突破!
2 日本ユニシス株式会社 TMHK 次こそ予選突破!
2 野村建設工業株式会社B 風林火山 三度目の正直
2 フジテック・インターナショナル 未定 入賞!
2 フジテック・インターナショナル 未定 予選突破
1 中部日本放送 ラジオ精鋭チーム 是非とも予選突破
1 パナソニック電工 PEW 今年こそ予選突破
1 伊藤塗装店 一味同心
1 パナソニック電工 アラフォーズ 勝つ準備は、できた!
1 武田薬品工業株式会社 チーム砂一 今年は、砂一/竿一ともに予選突破が目標!
1 武田薬品工業株式会社 チーム竿一 今年は、砂一/竿一ともに予選突破が目標!
1 株式会社 瑞光 Team I.M.E.T.2号
1 兼松エレクトロニクス株式会社 KELO-Japan A 2年ぶりの出場ですが予選突破を!
1 東大阪市 チームまいど 宇宙まで飛ばすぞ!
0 扶桑薬品工業株式会社 グルノン 予選突破
0 株式会社アナログネット ヒモおごり隊
0 株式会社 椎葉組 チーム じゅげ夢 五輪精神で!!
0 東洋紡STC(株) 素人さん .....
0 株式会社デジタル SUI SUI (仮称) 初参加です。元気に頑張ります。
0 株式会社植田環境システム チームBH 参加することに意義あり
0 阪根産業株式会社 チーム1パット。 塵も積もれば山となる。
0 NTT西日本 兵庫エリアチーム 予選突破
0 MHDディアジオ モエ ヘネシー(株) MHD 目標予選突破
0 株式会社ナカノフドー建設 ベアーズ 大会を楽しみたい
0 兼松エレクトロニクス株式会社 KELO-Japan B 大会の醍醐味を味わいつつ予選突破!
0 パナソニック電工HEG 未定
0 足立工業 未定 楽しく_楽しく_
0 川重冷熱工業株式会社 青地のカワレイ 参加することに意義あり
0 株式会社 七田チャイルドアカデミー 未定 初挑戦ですがチーム一丸となって全力を尽くします
0 ノヴィル株式会社 アクティブフロー がんばります。
0 郵便事業株式会社 TEAM T・T・B 予選突破!!


錚々たる企業のゴルフチームが出場していますね。

ちなみに、「チームおじん(シスメックス株式会社)」はたぶん過去出場数“7”回だと思います。
2002年の第1回大会の時の記録はPCのHDD故障と共に全て消えてしまい、全く残されていないためこちらも確認出来ませんがたぶんそうでしょう。
お粗末な理由ですが、第1回大会ということで皆イッパイイッパイでしたので、データのバックアップどころか紙ベースの記録すら行方不明な状態。

そんな状態で始めたこの大会ではありますが、今年で8年目。
関東予選も既に合計65の企業ゴルフチームがエントリー中、全体では120チーム以上もの企業チームがエントリーしています。
腕に自信のあるゴルファーは、会社のゴルフ仲間を誘って出場してみてはいかがでしょう?


posted by nomutaku at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

駒沢公園

Image453.jpg

通勤途中に通る駒沢公園。木が多くて気持ちいい!
ビックリするくらいたくさんの人達がジョギングやウォーキングしてます。
ここに昔ゴルフ場があったなんて・・・
posted by nomutaku at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

100切りのお供に

090525_0716~0001.jpg

打ち合わせ中に女性社員より初の100切りというメールが。
スクール事業は譲渡したので厳密には元社員ですが・・・)
それはもう喜び一杯のメールでしたわーい(嬉しい顔)


自分もそうだったなぁ。


写真はちょっと不鮮明なんですが、なにはともあれ弊社の製品である『カスタムフラグスティック』と一緒に記念撮影しているところが立派でした。(笑)
posted by nomutaku at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

FCTポジション模索中

久しぶりに練習。

今日は練習集中にR9のFCT設定をいろいろ変えて試してみました。
R9の場合、ロフト角、ライ角、フェース角が設定によって変わります。結果的にRN(Right Neutral)が一番フィットしそうな雰囲気。
フェードのイメージで打ちやすい。次回はもうちょっと本格的に、うちの会社にある弾道測定器とか使って試してみようかと思っています。

ただマイナーな問題も発生!
R9のシャフト交換する前のMotoreのSだと固くて捕まりが悪かったこともあって、FCTのポジションはNU(Neutral Upright)にしてました。リシャフトしてもらう際にFCTポジションをどこに設定して入れるか聞かれた際にあまり考えずNUのままシャフトを入れてもらいました。
(シャフトのロゴは下向き、グリップのセンターラインは正面向き)

FCTポジションを変えた結果、シャフトのロゴがこんな位置に↓
r9_reshaft.jpg

元々は構えた時にロゴが見えないようになっていたのですが、FCTポジションを変えることによって位置が変わってしまいました。
オリジナルのMotoreは、FCTのポジションをどこにしても違和感無いようにロゴが入ってましたが、ランバックスFはそんな前提では作られてませんので当然こうなります。
私はあまりこういうのが気になるタイプじゃないので慣れだけの問題ですが、R9をリシャフトする人で気になる人は要注意です。
posted by nomutaku at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

世界の道

jebel-hafeet.jpg

アルファで走りたい世界の道…トップ3

アルファロメオ(伊)のサイトで見れます。
以前アルファに乗っていた時期もありましたが、アルファじゃなくても一度は走ってみたい!
posted by nomutaku at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

自動車業界

Tesla_Model_S_310_300_225.jpg

以前より注目していた新興電気自動車メーカーのTesla Motorsに、ダイムラーが約10%出資することになったようです。2010年にはベンツの電気自動車も出てくるらしい。2010年ってもう来年ですが・・・

日本でもプリウスやインサイトなどハイブリッド熱が加速しているし、電気自動車も出てくる。なんとなく日本メーカーがリードしていると思っていましたが、ドイツメーカーも一気に出てきそうな勢い。

トヨタの赤字やビッグ3の破綻など昨今驚くことばかりですが、やりようによっては新興メーカーや低いシェアに甘んじていたメーカーでも逆転可能な情勢になってきているのでは?
自動車業界の今後が楽しみです。
posted by nomutaku at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

自分にピッタリなクラブ選び

リシャフトしたR9で3ラウンドほどしましたが、なかなか良い感じです。
シャフトはフジクラゴルフ相談室でフィッティングして決めたのですが、本音を言うと他社のシャフトにも興味ありました。

特定のメーカーだけではなく、ヘッドやシャフトをメーカー横断的に(メーカーの押し付け感がない)、そして計測データ+専門家のアドバイスがあるフィッティングできるサービスがあったら最高なんですけどね。

以前そういうサービスやりたいと思っていて、そのために弾道測定器のピュアローンチを日本に導入したってのはそういえばこのブログでも書いてました。

弾道測定器を発売するまで その1
弾道測定器を発売するまで その2
弾道測定器を発売するまで その3

正直言って、現段階ではこのマシンはフィッティングには最適とは言い難い部分があります。新バージョンでいろいろ対応するとアメリカのZelocityも言ってるんですが、β版からなかなか進まず。

クラブ販売のトレンドは、確実にフィッティング販売に向かっています。
自分に最適なシャフト+ヘッドをズバッと説明してくれるサービスがあったら、クラブやシャフト選びで迷うことなく買うことができる。そういうサービスを誰かやらないかな〜。
posted by nomutaku at 15:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 単なる思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

企業対抗トーナメント 続々とエントリー中!

2009_chizu.gif

2009年の企業対抗ゴルフトーナメント、早々に関西予選が残り1チームとなったようです。
今年も瀬田ゴルフコース(北コース)で開催されます。検討中の企業ゴルフチームの方はお早めに!

現在の出場企業チームの確認とエントリーはこちら


<2008年の関西予選>
チーム紹介

予選結果

写真集
posted by nomutaku at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

41パット・・・

週末は千葉のオークビレッヂGCでのコンペに参加。
このところ5ハーフ連続30台スコアというかつてない好調さだったので、難しいオークビレッヂにも期待を持って臨んだのですが見事にパットでやられました。

INコースのフロント9は、連続パーで出だしもまずまず。14番の浮島グリーンも、何とかオンしてホッとしたのも束の間の3パットボギー。ちょっと落胆して望んだ次の15番と16番は、ティーショットを曲げたりセカンドをミスしたりで共にボギーオンしてからの4パット、連続トリプルボギーもうやだ〜(悲しい顔)
この日はここでほぼ終了・・・

オークビレッヂはほとんどが3段グリーンなので、同じ段に乗せないととてつもなくパットが難しくなります。この連続4パットは、両方とも下の段からのパットが斜面を登りきらず、下の段に戻ってきてしまったのが原因。下の段から斜面を登るためにガツンと強く打ってしまった後は、何となく短いパットもタッチが合わなくなってしまい、その後何度かバーディーチャンスもあったのに全く入る気配なし。

結局23パットで46。OUTコースのバック9でも3パット2回で18パットの41

なんとか80台で回れただけでも成長してるかな、と前向きに考えることにしよう。


そういえばオークビレッヂGCの各ホールには名前が付けられていて、その由来を説明する看板が以前は各ホールのティーグラウンド付近にあったと思ったのですが、見かけなかったような気がします。
単にプレーの進行を速くするため、なんて理由で撤去されたのなら寂しいものです。
posted by nomutaku at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

銀行ってやつは・・・

とある申請事項があったため銀行窓口に行った。

申請書類上は、口座名義を書く欄には

フリガナ: カ)マルマルショウジ  サンカクサンカク
口座名義: 株式会社○○商事 代表取締役△△

と書いて出した。
20分ほど待った末に『フリガナ欄に“ダイヒョウトリシマリヤク”が漏れてます。』だってがく〜(落胆した顔)

そもそもフリガナってのは読めない字とか読み間違えそうな名前とかのためかと思ってたし、うちの会社名はカタカナなので会社名すらフリガナ書かなくても良いかと思っていたくらいなんですが・・・
口座名義欄とフリガナ欄は完全にマッチングしてないとダメみたいです。

あまりの馬鹿らしさにいろいろと言いたかったが、年齢とともに丸くなった自分は無言でその紙に記入して帰りましたわーい(嬉しい顔)
あ〜銀行ってホントくだらない。
posted by nomutaku at 12:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

男子ごはん 配送予定日

アマゾンから配送予定日が決まったというメールが来ました!

配送予定日: 2009/6/9 - 2009/6/22
発送予定日: 2009/6/8 - 2009/6/19


喜んだのも束の間、ずいぶん先でしたもうやだ〜(悲しい顔)
posted by nomutaku at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅食遊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

R9をリシャフト

結局R9は、近所のゴルフショップVOXでランバックスFにリシャフトしてもらいました。

結果は良好。何の不安もなく振ることができるし、飛距離も少しは伸びてるような。

ただし、あくまでも感覚的なことだし実際それほどショットに影響するわけではないのですが、白いシャフトはその色彩効果でクラブを軽いものと見せる効果があります。重いクラブを、手ではなくて体を使ってゆったり振ろることを目指している自分にとってはほんのちょっとだけ違和感あり。
まあ、でもすぐ慣れるかな。
posted by nomutaku at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好調維持

週末はレイクランドCCにて1.5ラウンド。
相変わらず好調持続中!

この日は、ショットがイマイチだったものの寄せワンの嵐!
最初の1ラウンド目は半分の9ホールで寄せワン・パー。うち4ホールはバンカーから。
周囲からオヤジゴルフだと非難されながらも(笑)、地道にパーを重ねることができました。

ショットには好不調の波が必ずあるので、そんな時でもパーを拾っていけるよう、アプローチとパットも精進していきたいところです。
posted by nomutaku at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

フジクラゴルフ相談室

f_lineup_img02.jpg

ちょっと前にフジクラゴルフ相談室に行ってみました。

フジクラのシャフトだけではありますが、シャフト・フィッティングを無料でやってくれます。
シャフト・フィッティングの内容は、スタッフとマンツーマンでHPにも出ていますがこんな感じで進みます。

【1.まずは相談】
先日フェース角、ライ角を自分で変えられるっていうメカっぽさに惹かれて思わず衝動買いしてしまったテーラーメイドのR9ですが、シャフトが固すぎて合ってなさそう。
一方、これまで使ってたヤマハのインプレスX+NGSのD REV ICN-TOUR(SR)は、フィーリングは良いものの弾道が高く、当たった感触の割りにはイマイチ飛んでない。
R9で、飛距離>方向性でリシャフト検討したいと伝える。

【2.自分のドライバーでチェック】
クラブの重量やバランス、振動数をチェックした後に、実際に打ってみてスピン量や打ち出し角など各種数値をチェック。ちなみにカメラ式の弾道測定器を使ってました。
やはりインプレスはシャフトがちょっと合ってないようで、吹け上がってしまってる様子。対するR9は、シャフトが固くてそもそも自分にはオーバースペック。

【3.いろんなシャフトで打ってみる】
ROMBAXのV、Z、Fシリーズ、Motore Speederなど、何本かのシャフト違いのクラブをそれぞれ数球ずつ試打。その都度計測。
シャフトのしなりの特性等によって合う、合わないが体感できる。

【4.最適なクラブを探す】
結局自分に合ってるシャフトはROMBAX F(6F09)ということに。
次に固さ違いでRとSを数発ずつ打ち、測定器で計測したスピン量や計算された球筋や飛距離などをベースに、結論としてはSが一番だろうということになりました。結構細かく説明してくれます。

これでフィッティングは終了です!


併設工房でリシャフトもしてもらえますが、間近のラウンド予定もあったためその場でのシャフト交換はしませんでした。
そもそも固さだけじゃなくて、先調子や中調子とか、どれが今の自分のスウィングに合ってるのか全くわからなかったので、今回いろんなシャフトを打たせてもらうことができ本当に参考になりました。
自分に合ったシャフトを探している人にはオススメですよ!
posted by nomutaku at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

初めての朝練

photo.jpg

GW中に朝早く起きてしまったので、練習場の早朝営業へ行ってみてビックリ!

朝6時からの早朝営業開始で到着したのが6:10。この時点でもう1、2階打席は満席で3階打席に滑り込み!
ちょっと後に来た人達は空き待ちだったので、ぎりぎりセーフでしたあせあせ(飛び散る汗)


それにしても早朝練習は気分がいい。
posted by nomutaku at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Worst is Over. 

米大手メディア企業News Corp.のルパート・マードックも"The Worst is Over"と最悪期を脱したと楽観的な見方を示したそうです。
全く関係ありませんが、私のゴルフも"The Worst is Over"となってきたかも。

昨日は千葉の長太郎CCにてラウンドしたのですが、なんと!!ゴルフを始めて以来(たぶん)初めてとなるダボなしゴルフわーい(嬉しい顔)

アマチュアゴルファーの場合、無理にグリーンを狙ったり、ライを考えずに無謀なクラブ選択をしたりすることで、ついついダボやトリプルボギーを打ってしまいがち。上級者を目指すには、『最悪でもボギーで抑える』ゴルフが出来ないとダメ。
今回初めてのダボなしゴルフができたので純粋に嬉しいのですが、次回もそうできるよう頑張らねば!


嬉しいついでに最近5ラウンドと過去1年の成績を比較してみた。

パーオン率 53.54% ← 42.24%
ボギーオン率 91.92% ← 82.07%
パーセーブ率 62.5% ← 43.67%
ボギーセーブ率 90.91% ← 80.09%
FWキープ率 61.04% ← 46.68%
平均パット 1.9293 ← 1.9736
パーオン時平均 2.12 ← 2.13

パーセーブ率(パー以下をキープした率)がぐっと上がってますが、これはFWキープ率が良くなったこととかなり関係してるはず。またアイアンショットがだいぶ良くなってきたのでパーオン率が上がってきました。
ことごとく罠にハマってしまったNSAJでの大叩き以来、グリーンを狙う時のコースマネージメントを以前より考えるようになった成果なのか、ボギーオン率も上がってきました。

逆に平均パットはちょっと悪くなっていますが、パーオン時の平均を見るとほとんど変わらずに高止まりもうやだ〜(悲しい顔)
昨日も短いのを2回外してるので、パッティングは今後の重要課題です。

スウィング改造しようとしたもののアイアンが全く当たらなくなってしまったり、難しいコースでメロメロにやられたりと、これまでず〜っとつまらないゴルフが続いてましたが、ようやくゴルフが楽しくなってきました。今後が楽しみだなぁ。
posted by nomutaku at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

ゴルフシミュレーター一覧

2〜3年前にスクールへのシミュレーター導入したり、またはゴルフシミュレーターを何台か設置した「ゴルフセンターを作りたいと考えていたことがあり、倉庫物件を物色している時期もありました。木場あたりにも物件を見にいってましたが、結局のところ初期費用に対する収益性を考えて断念。
でも、今ではFavorGateとかインドアの大型施設も出来たりと、いろいろな所が参入して頑張ってるみたいですね。


自分のメモついでで、現在日本国内で販売しているゴルフシミュレーターをリストアップしてみました。

フルスウィング
自分で体験した中ではこれが一番ショットの精度高い感じします。
センサーは的近くにあるため、ボール位置を気にしなくて良い。

GOLFZON
床面のプレートが動きます。センサーはマット前方に埋め込んだレーザーでスキャンする方式で、やや物足りず。

Family Golf
レーザー方式。ボールは決められた位置から打たないとダメ。

THEON TOKYO
ディオンって読みます。FamilyGolfと同じレーザー方式。

SVIP-WXP
シミュレーターとしては珍しい日本製、そして老舗的メーカー。


ここから下は実際に試したことなし。

About Golf
弾道追尾センサー+カメラでボールで計測。かなり興味あり。

Good Shot Tour
サウンドセンサー+レーザーセンサーで計測するようです。

Albatross 3
レーザー式。

Dead Solid Golf
なんともアメリカンなHPですが、詳しくはよくわかりません。

Round Leader
高速カメラ+レーザーセンサーで計測。
ゴルフ場データは、よくトーナメントの時にホール紹介CGみたいなのが流れますが、まさにあれです。

Joy Golf
サラウンドセンサー。赤外線の見えない3枚のスクリーンを通過する際のボールの速度、方向、回転などを測定する方式だそうです。


ゴルフシミュレーターといえばゴルフ場のコンピューターグラフィック画像とその収録コース数、センサーの精度に尽きるのではないかと思います。
特にある程度ゴルフをやってる人から見たら、センサーの精度が非常に重要ではないかと思うのですが、だいたい3世代くらいに別れるようです。

以下JoyGolfより

第1世代・・・地面測定方式
平面状のセンサー部を転がるボールを、1次元的な赤外線センサーで測定。 打ち出されたボールの影を利用して高さを測定するために、ボールの正確な軌道や飛距離の測定は困難。平均値で結果を導き出してしまうため、リアル感が乏しい

第2世代・・・平面測定方式
打球の飛び出す面の底辺と壁面に、1次元的な赤外線センサーによる 不可視のスクリーンを張り、そのスクリーンを通過する際のボールの速度・方向などを測定する。飛躍的にリアル感が向上するが、正確さという点ではまだまだ課題が多い。

第3世代・・・3次元立体測定方式
JoyGolf が搭載する新世代のサラウンドセンサー。赤外線の不可視 の3 枚のスクリーンを通過する際のボールの速度、方向、回転などを測定。瞬時に計算することによって飛距離、方向やボールの速度は 完璧に再現。もちろんフックやスライスからサイドスピン、バックスピンまで検出。


フルスウィングやJoy Golfは第3世代、GolfZonなんかは第1世代かな。
複合型も増えているようで、やはり精度向上のためにいろいろなテクノロジーを開発しているようですね。
posted by nomutaku at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 単なる思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。