2008年04月16日

シャフトの威力

ドライバーが吹け上がってしまう感じで思ったより飛んでないことがあり、新しいクラブに変えたいなぁと悩んでいたところ、ツーサムの松井コーチより『まずはヘッドよりシャフトが重要。これオススメ!』と、言われるがままにその場でシャフト交換の取引が成立。翌々日にはリシャフトされたドライバーが届きました。NGSのD REV ICN-TOURというシャフトです。


日曜日に早速使ってみたのですがこれがイイ!

弾性率60トンの超高弾性カーボンってやつが一体どんなもんなのか、違いの分からない男にはやや”猫に小判”の感もあるものの、これまで使っていた標準シャフトに比べると明らかにしっかり、しっとり。で、シャフト全体がバチィ〜ンと弾く感じで何とも気持ちいい。

FUJIKURAのROMBAX XグラファイトデザインのTour AD クアトロ テックなんかも友人に借りて打ってみたりはしたんですが、今さらながらシャフトって違うもんですね。

ドライバーの買い替えなどを検討している人は買い替えの前に是非シャフト交換してみることをオススメします。

追記なし


posted by nomutaku at 16:38| 東京 ☁| ゴルフ・ラウンド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。