2007年01月22日

納豆とネットとテレビ

このエントリーを読んだ妻が『私は踊らされてなんかいない!』と主張していたのですが、納豆ダイエットデータねつ造のニュースを見る限りやはり踊らされちゃってたみたいですね


ここで再認識させられるのがテレビの影響力の強さ。ネットの世界でも各種マーケティング手法が確立されつつありますが、ネット発の情報でスーパーの店頭から納豆が無くなるような事態にはならなかったでしょう。やはりリーチできるターゲットが違います。とはいえ今回の一件も、テレビの情報だけではここまでの騒動にはならなかったでしょう。テレビを見た人達のリアルの世界での口コミにプラスして、ネットの世界でブログや掲示板等を媒介し一気に情報が増幅されて伝わったんでしょう。


ネットとテレビの融合、なんて騒動も沈静化した感がありますが、実際の世界ではもう確実にネットとテレビが影響しあってますね。ビジネスを考える上でとても考えさせられる事件でした。

追記なし


posted by nomutaku at 19:43| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。